カテゴリー:認知症

1/2ページ

軽度認知障害は自覚しづらい!記憶障害が出始めたタイミングを見過ごさないこと。

『軽度認知障害(MCI)』を発症すると、「記憶力」、「判断力」、「遂行力」、「計算力」、「言語能力」の5つの能力、いわゆる言語機能の中のいずれか能力に問題が起きてしまいます。 軽度認知障害は認知症予備軍の状態ですが、認知症とは違って日常生活を送る上で大きな影響が出ることはありません。 しかしそれが故に、本人を含めて家族の方々なども見過ごしてしまい、認知症へと悪化してしまうことがあるわけですが、軽度 […]

脳を働かせることが認知症に。日常生活でもたくさんの「ときめく」機会を!

  『毎日笑っている人は病気を発症しにくい』という話は、皆さんも一度は見聞きしたことがあるでしょう。 これに関しては、人間は笑っているとがん細胞、ウイルスに対する免疫力が高まるだけではなく、血流の改善や、自律神経の乱れを防ぐことにもつながるといった医学データも存在するぐらいですから、決してデタラメな話ではありません。 さらに、『笑いの聖地』大阪府においては病院や介護施設で働く方々に漫才師 […]

認知症リスクが高いのは公務員や教師!? 頭を使うだけでは避けられない理由とは。

  認知症は脳のダメージにより発症するものですが、生活習慣や性格の他にも職業にも認知症リスクが上がるものがあるという研究データを皆さんはご存知でしょうか? その研究データの中で、特に認知症リスクが高いとされている職業が公務員です。 役所や省庁に勤めている公務員だけでなく、学校の教師も認知症になりやすいとされています。 インターネット上でも公務員と学校の教師は、認知症リスクが高いとされてい […]

認知症リスクは視力が悪いと高まる!? 何事も面倒がらないことが大事。

認知症と視力には深い関係があるのではないかと考えられていることを、皆さんはご存知でしょうか? 最近ではスマホやパソコンの普及が進んだことで、若い人でも視力が悪い人が増えています。 学生時代から視力が0.1以下という人も多く、メガネやコンタクトレンズは今や現代人にとって欠かせないものになっていますよね。 実は視力の低下によって認知症のリスクが上がるのではないかという研究データがあるのです。 この研究 […]

過剰なストレスやうつ症状。どちらも認知症を発症する原因に。

私たちは、日々生活する中で様々な刺激、ストレスを受け続けています。 食事や会話など何気ないものから、仕事をすることや介護をすることなど労力を伴うものまで、全てが日々の刺激です。 これらの刺激は、何事もなく処理されるものもあれば、大きなストレスとして蓄積されるものもあります。 このストレスが溜まると、自律神経を乱したり免疫に影響したりすると言われています。 そして、うつ病や認知症のリスクも高めてしま […]

認知症は3つの段階で予防が可能。発症してからでも遅くない!

認知症は、一度発症してしまうと完治が難しい病気ですので、予防を心がけることが大切です。 そして、この予防には1次から3次まで、3回のタイミングがあります。 まずは発症前に、認知症の原因となる疾患を予防することが最初のタイミングです。 2次予防は、MCI、つまり軽度認知症の段階で、ここが認知症への移行を予防するタイミングになります。 最後のタイミングは、認知症を発症してからです。 通常、発症してから […]

認知症はお酒の飲み過ぎで発症することも。若くても要注意!

アルコールを多量に飲むことは、内臓疾患や脳の疾患の原因になると言われていますが、認知症の原因にもなります。 アルコールを多量に摂取すること自体が脳の萎縮を招くと言われていますし、ビタミンB1が欠乏することによって脳が栄養障害に陥ることがあります。 また、飲み過ぎによって「脳梗塞」が引き起こされた場合、脳が損傷した後遺症によって認知症を発症してしまうのです。 アルコールは依存症になりやすいですが、依 […]

認知症による暴力や暴言。カッとせずに逃げるが勝ち!

認知症の高齢者を介護していると、暴力や暴言を受けてしまうケースがたくさんあるようです。 介護をしている高齢者からの暴力や暴言は、介護に力を入れている介護者にとってとても辛いもので、自分自身を責めてしまう介護者も多いのです。 今回は、介護の現場で多い高齢者からの暴言や暴力の原因とその対処法について取り上げたいと思います。 暴力や暴言の原因は1つだけでなく、様々な要素が合わさることで起こりやすいとされ […]

認知症になるとお金が掛かる?介護保険内で収まらないこともたくさん

現在日本では65歳以上で認知症を患った方は年金を受給できますし、60歳以上で認知症になった方も年金受給開始時期を繰り上げることができるので、経済的な不安を軽減することができます。 しかし、年金を受給できない年齢で認知症を発症してしまった方は、経済的に追い込まれてしまうことがあります。 若年性認知症を発症してしまう方の中には、認知症の治療費や介護サービスにかかる費用のほかにも、子どもの学費や家のロー […]

大切なものが盗まれた!認知症にある「物盗られ妄想」とは

  認知症が進行すると、物を盗られたという妄想をすることがあります。 これは認知症の「中核症状」である被害妄想のひとつです。 サイフや現金、通帳や宝石といった、本人にとって大切なものが見当たらないときに、それが人によって盗られたと即断してしまうのです。 老化によってもの忘れが起こることはあるのですが、この場合には自分がどこかに置き忘れたという自覚があるので、人のせいにすることはありません […]