カテゴリー:介護問題

1/9ページ

老人ホームの選び方。費用や環境など、種類によってさまざま。

日本の介護施設には特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの公共の介護施設他にも、病院内の1フロアで運営されている療養型施設や、介護付き有料老人ホーム、介護付き住宅、グループホームなどの民間運営の介護施設など様々な施設があります。 そのため、なかなか入居する介護施設を決められないという方も多いと思います。 今回はそんな介護施設の選び方について取り上げたいと思います。 公共の介護施設では入居金が一切 […]

軽度認知障害は自覚しづらい!記憶障害が出始めたタイミングを見過ごさないこと。

『軽度認知障害(MCI)』を発症すると、「記憶力」、「判断力」、「遂行力」、「計算力」、「言語能力」の5つの能力、いわゆる言語機能の中のいずれか能力に問題が起きてしまいます。 軽度認知障害は認知症予備軍の状態ですが、認知症とは違って日常生活を送る上で大きな影響が出ることはありません。 しかしそれが故に、本人を含めて家族の方々なども見過ごしてしまい、認知症へと悪化してしまうことがあるわけですが、軽度 […]

脳を働かせることが認知症に。日常生活でもたくさんの「ときめく」機会を!

  『毎日笑っている人は病気を発症しにくい』という話は、皆さんも一度は見聞きしたことがあるでしょう。 これに関しては、人間は笑っているとがん細胞、ウイルスに対する免疫力が高まるだけではなく、血流の改善や、自律神経の乱れを防ぐことにもつながるといった医学データも存在するぐらいですから、決してデタラメな話ではありません。 さらに、『笑いの聖地』大阪府においては病院や介護施設で働く方々に漫才師 […]

要介護者の足になる福祉車両。レンタルもあり、機能や車種も豊富。

福祉車両というのは、障害を持つ方や高齢者の方が運転しやすい、乗りやすい工夫がされた車両の事です。 自分で運転するものを「自走式」「自操式」、施設やご家族が介護者の方を乗せるのが「介助式」「介護式」と呼ばれます。 自走式では車いすからの移乗がスムーズになる様な工夫や、車いすを電動で車体上部のキャリアに格納する機能が付いたものもあります。 介助式は福祉タクシーや通所介護施設が使用している、後方に車いす […]

在宅介護で利用する通所サービス。デイサービスとデイケアはどう違うの?

いざ自分や家族が要介護となり介護保険のサービスを受けるとなった際には、どんなサービスを利用すれば良いのか迷ってしまう事があります。 一口に「老人ホーム」といっても、「特別養護老人ホーム」と「介護老人福祉施設」は似ているようでも、全く趣旨や意図が違います。 老人ホームだけでなく、聞いただけではサービス内容の違いが分からないものが多くあります。 介護保険のサービスは、大まかに「居宅型」と「施設型」に分 […]

介護のことなら何でもお任せ!元気なうちに一度は地域包括支援センターへ

そろそろ家族に介護が必要で不安な方や、現在住んでいる家では介護を続けることが難しいと困っている方は、地域包括支援センターを利用してみることをおすすめします。 地域の高齢者やその家族の相談を受け付けている地域包括支援センターでは、様々な分野のプロが相談に対応してくれます。 2006年4月の介護保険改正によって新設された地域包括支援センターでは、2012年4月では全国に4328ヶ所、支所を含めると70 […]

介護に欠かせないケアマネージャー。終活の相談に乗ることも。

ケアプランの作成や、介護サービスの紹介に加え、心のサポートも請け負っている「ケアマネージャー」は、介護の現場においては必要な不可欠な存在となっています。 そんな重要な役割を担っているケアマネージャーですが、『ケアマネジメントオンライン』、『Yahoo!エンディング』が行った共同アンケートの結果を見ると、「終活」の相談を受けた経験があると回答した方が全体の半数を占めていました。 ケアマネージャーはケ […]

持病があっても在宅介護をあきらめない!訪問看護サービスを上手に活用。

  在宅介護といえば、「足腰への負担が大きい」「自分のために使える時間が持てない」「精神面への負担が大きい」など、プラスのイメージを持つ方はほとんどいらっしゃらないでしょう。 そんな在宅介護ですが、今回取り上げる『訪問看護サービス』など、在宅介護を行っている方に向けたサービスを活用することにより、介護を行う側の負担を軽くすることができます。 例えば訪問看護サービスでは、医療的ケア、健康チ […]

認知症リスクが高いのは公務員や教師!? 頭を使うだけでは避けられない理由とは。

  認知症は脳のダメージにより発症するものですが、生活習慣や性格の他にも職業にも認知症リスクが上がるものがあるという研究データを皆さんはご存知でしょうか? その研究データの中で、特に認知症リスクが高いとされている職業が公務員です。 役所や省庁に勤めている公務員だけでなく、学校の教師も認知症になりやすいとされています。 インターネット上でも公務員と学校の教師は、認知症リスクが高いとされてい […]

認知症リスクは視力が悪いと高まる!? 何事も面倒がらないことが大事。

認知症と視力には深い関係があるのではないかと考えられていることを、皆さんはご存知でしょうか? 最近ではスマホやパソコンの普及が進んだことで、若い人でも視力が悪い人が増えています。 学生時代から視力が0.1以下という人も多く、メガネやコンタクトレンズは今や現代人にとって欠かせないものになっていますよね。 実は視力の低下によって認知症のリスクが上がるのではないかという研究データがあるのです。 この研究 […]

1 9