介護の際に気をつけたい老人ホーム選び

介護の際に気をつけたい老人ホーム選び

介護」が必要になったとき、老人ホームを選ばれる方はたくさんいらっしゃいます。

しかし、老人ホームを選ぶ時にどんなことを基準にして選んだら良いのか分からず困ったことがある人は多いのではないでしょうか?

現在老人ホームには利用料金がリーズナブルな公共の福祉施設である特別養護老人ホームや介護老人保健施設などがあります。

他にも、病院の1フロアに開設されている療養型施設や民間の企業が運営している介護付き有料老人ホームやグループホームなど沢山の種類の施設があり、どのような老人ホームを選んだら良いのか困ってしまいますね。

今回はそんな介護施設の適切な選び方について取り上げたいと思います。

公共の老人ホームは入居金が必要無い上に介護保険が適用されるので、主に食費や介護用品費用しかかからないため大変リーズナブルに利用できます。

公共の老人ホーム

公共の老人ホームの利用料金は年金だけでも十分賄える料金ですし、世帯収入によっては利用料金が減額されることもあるので、経済的に不安のある高齢者の方には最適な老人ホームと言えるでしょう。

しかしその料金の安さから人気が高いため、入居の申請をした後の入居待ち期間が長いというデメリットがあります。

しかも介護度が高い高齢者から優先的に入居できる仕組みになっているため、入居申請してから3年も待たなくてはいけないこともあるのです。

また公共の老人ホームでは規則が厳しく、介護スタッフの配置人数も細かく決められているため入居者の要望を叶えることができないことも多々あります。

起床時間や就寝時間が厳しく決められていて、レクリエーションにも必ず参加しなくてはいけない公共の老人ホームの病院や学校のような雰囲気に息苦しさを感じる高齢者もいるでしょう。

民間の老人ホーム

公共の老人ホームの他にも医療機関に併設されていたり、病院の1フロアを丸ごと使用したりしている療養型介護施設もあります。

療養型介護施設は介護と医療を必要としている高齢者には最適な介護施設ですが、あくまで病院の一部として運営されていますし、最近では全国的に廃止を検討されているので利用には注意が必要です。

また他の福祉施設より入居人数が少ないグループホームでは入居者は狭く深い人間関係が築きやすい上に個室が与えられ、比較的自由に行動できるのです。

しかしグループホームは利用料金が高めで介護スタッフの数が少ない上に、介護度によっては退所しなくてはならないこともあるので、介護度が高い人には不向きでしょう。

介護付き有料老人ホームは設備も豪華で介護サービスも充実しています。

そのため、老人ホームでゆったりした老後を過ごしたい人に向いていますが、高額な入居金がかかる上に利用料金も高めなので利用には注意が必要です。

老人ホームカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。