老人ホームの費用はピンキリ。入居一時金のチェックも忘れずに。

老人ホームの費用はピンキリ。入居一時金のチェックも忘れずに。

社会福祉法人や自治体が運営する特別養護老人ホームや介護老人保健施設とは違い、有料老人ホームの代名詞となっている『介護付き有料老人ホーム』や『住宅型有料老人ホーム』は民間企業の運営で成り立っています。

そのため、毎月必要な費用を見ると施設間で差が非常に大きくなっており、安いところでは毎月12万円程度の費用で入居できますが、高いところとなると毎月4、50万円支払わないと入居できないところも存在するのです。

このような費用の差というのは設備内容の違いからきていて、プールやジムなどといった、ホテルと比べても遜色のない設備が備わっているところでは費用が高くなり、反対にごく一般的な設備内容のところは比較的安い費用で入居可能です。

サ高住やグループホームも選択肢に

有料老人ホーム以外では『サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)』、『グループホーム』も民間企業の運営で成り立っています。

サービス付き高齢者向け住宅の場合は、行われているサービス次第で費用が上下するもの、要介護認定を受けていない人であれば、一般的なアパートを借りる時の費用より若干高いぐらいの費用で入居できます。

一方、認知症患者の方々を対象としたグループホームの場合は、毎月10万円程度の費用が必要になるものと思ってください。

ちなみに『特別養護老人ホーム』は、入居費用が安いことにこだわる人々の中では最も入居希望者が多い施設となっていますが、入居希望者が多いことからすぐに入居できないところが多い上、4名の相部屋となっているところも少なくありません。

そのため、一人で落ち着いて生活できることを希望する人や、医療サービスを含め、多種多様なサービスが受けられることを希望する人は、高い費用を支払ってでもサ高住や有料老人ホームに入居することをおすすめします。

毎月の費用のほかに入居一時金が必要な施設も

ここまでいろいろな施設をご紹介してきましたが、入居先を選択するとなった場合にまず注目しなければいけない点の一つに入居一時金があります。

入居一時金とはその施設に入居するとなった場合に、一番初めに支払うことになる費用です。

ただし、すべての施設で入居一時金が必要というわけではありません。

入居一時金が必要になるのは有料老人ホームなどの施設で、入居一時金を多く支払うことによって月々の入居費用を安くすることが可能なところも存在します。

反対に入居一時金を支払う余裕がない人の場合は、入居一時金が0円となっている施設を探すようにしましょう。

老人ホームカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。