2/16ページ

2/16ページ

介護のことなら何でもお任せ!元気なうちに一度は地域包括支援センターへ

そろそろ家族に介護が必要で不安な方や、現在住んでいる家では介護を続けることが難しいと困っている方は、地域包括支援センターを利用してみることをおすすめします。 地域の高齢者やその家族の相談を受け付けている地域包括支援センターでは、様々な分野のプロが相談に対応してくれます。 2006年4月の介護保険改正によって新設された地域包括支援センターでは、2012年4月では全国に4328ヶ所、支所を含めると70 […]

厚労省が最新の健康寿命を発表。平均寿命との違い、健康寿命を延ばす意義と方法を紹介

厚労省は3月9日、2016年時点における日本人の健康寿命を発表しました。 健康寿命とは、一生のうちで、要介護状態とならずに日常生活を健康な状態で過ごしていられる期間を指します。 平均寿命は要介護状態の期間、それこそ寝たきりになっている期間なども含めた指標。健康的でその人らしい生活を送ることができているのは人生の中でどのくらいの期間なのか、それを把握するための指標として健康寿命に注目が集まっているわ […]

高齢者を死に至らしめる脳梗塞。前兆のサインに気づけば全快できる可能性も。

脳梗塞を発症すると死亡に至る危険がありますし、死亡しなくとも障害が残る可能性があります。 これを防ぐためにはできるだけ早く脳梗塞に気がついて、医療機関を受診し、適切な治療を受けることが必要です。 どれだけ早く気がつくことができるかによって、今までどおりの生活を送ることができるか、介護が必要な生活になるかの分かれ道となります。 脳梗塞に早く気がつくためには、その前兆となる症状について知っておくことが […]

介護に欠かせないケアマネージャー。終活の相談に乗ることも。

ケアプランの作成や、介護サービスの紹介に加え、心のサポートも請け負っている「ケアマネージャー」は、介護の現場においては必要な不可欠な存在となっています。 そんな重要な役割を担っているケアマネージャーですが、『ケアマネジメントオンライン』、『Yahoo!エンディング』が行った共同アンケートの結果を見ると、「終活」の相談を受けた経験があると回答した方が全体の半数を占めていました。 ケアマネージャーはケ […]

持病があっても在宅介護をあきらめない!訪問看護サービスを上手に活用。

  在宅介護といえば、「足腰への負担が大きい」「自分のために使える時間が持てない」「精神面への負担が大きい」など、プラスのイメージを持つ方はほとんどいらっしゃらないでしょう。 そんな在宅介護ですが、今回取り上げる『訪問看護サービス』など、在宅介護を行っている方に向けたサービスを活用することにより、介護を行う側の負担を軽くすることができます。 例えば訪問看護サービスでは、医療的ケア、健康チ […]

高齢者の一人暮らしが難しくなるときとは? その場合、どんな選択肢があるのか

現在、日本における高齢化は急ピッチで進んでいますが、団塊の世代が65歳以上の年代となった2015年以降はさらにその増加度は増しています。それとともに、高齢者福祉を巡っては様々な問題が指摘されるようになっていますが、その一つが一人暮らしの高齢者が増加しているということ。 加齢と共に心身共に衰弱していき、やがて要介護状態にもなり得ます。そのとき、一人暮らしをしている高齢者の方は、生活をどうやり繰りする […]

認知症リスクが高いのは公務員や教師!? 頭を使うだけでは避けられない理由とは。

  認知症は脳のダメージにより発症するものですが、生活習慣や性格の他にも職業にも認知症リスクが上がるものがあるという研究データを皆さんはご存知でしょうか? その研究データの中で、特に認知症リスクが高いとされている職業が公務員です。 役所や省庁に勤めている公務員だけでなく、学校の教師も認知症になりやすいとされています。 インターネット上でも公務員と学校の教師は、認知症リスクが高いとされてい […]

認知症リスクは視力が悪いと高まる!? 何事も面倒がらないことが大事。

認知症と視力には深い関係があるのではないかと考えられていることを、皆さんはご存知でしょうか? 最近ではスマホやパソコンの普及が進んだことで、若い人でも視力が悪い人が増えています。 学生時代から視力が0.1以下という人も多く、メガネやコンタクトレンズは今や現代人にとって欠かせないものになっていますよね。 実は視力の低下によって認知症のリスクが上がるのではないかという研究データがあるのです。 この研究 […]

認知症でも受け入れている特養。入居までに待たされるのは覚悟の上で。

高齢者の介護施設と言えば一般的に特養(特別養護老人ホーム)を想像しますが、特養は高齢者の増加が顕著になるかなり前から運営されてきた介護施設で、社会福祉法人や地方公共団体などによって運営される公的な老人ホームなので「介護老人福祉施設」とも呼ばれています。 そんな老人ホームの代表格である特養ですが、認知症の介護はどのように行われているのか気になる方も多いのではないでしょうか? 今回は特養での認知症高齢 […]

介護ロボットは2025年問題の解決に向けて活躍が期待できるか・・・普及のための課題とは?

第一次ベビーブーム(1947~49年)に生まれた世代が75歳以上の年代になる2025年。社会保障費の増額をはじめ、さまざまな問題が生じることが予測されていますが、その中でも懸念されているのが介護人材の不足。 厚労省の予測では、このままだと2025年までに37万人の介護職が不足するとのこと。ただこれはあくまで試算であって、そうならないようにすべく、政府・国が総力を挙げて人材確保に乗り出しつつあります […]

1 2 16