検索:「2025年問題」の検索結果 30件

1/3ページ

介護ロボットは2025年問題の解決に向けて活躍が期待できるか・・・普及のための課題とは?

第一次ベビーブーム(1947~49年)に生まれた世代が75歳以上の年代になる2025年。社会保障費の増額をはじめ、さまざまな問題が生じることが予測されていますが、その中でも懸念されているのが介護人材の不足。 厚労省の予測では、このままだと2025年までに37万人の介護職が不足するとのこと。ただこれはあくまで試算であって、そうならないようにすべく、政府・国が総力を挙げて人材確保に乗り出しつつあります […]

2025年問題と介護離職の関係をひも解く。介護離職ゼロは達成できるのか

高齢化が進む中、親の介護のために仕事を辞める「介護離職」の問題がクローズアップされています。 親の介護に直面するのは働き盛りの40代~50代が多く、要介護度が低いうちは介護との仕事の両立も出来るのですが、親の状態が次第に悪化していき、だんだん手が掛かるようになると、そばから離れることが難しくなってきます。そうなると、退職して親の介護をする、という決断に迫られる人が増えてくるわけです。 特に、団塊の […]

2025年問題で介護離職が増加。そんな事態を避けるには?

2025年には、いわゆる団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となり、少子高齢化がピークを迎えます。 そのことで起こる様々なトラブルの総称を2025年問題と呼んでいますが、介護もその影響を受けることは間違いありません。 そのひとつが働き盛りの40代、50代が介護のために仕事をやめる介護離職の問題です。 「2025年問題が介護離職」に拍車をかけることは間違いないでしょう。 なぜなら、少子高齢化が進むと要 […]

  • 2018.02.19

地域包括ケアシステムの導入の背景にあったものとは? 2025年問題を乗り越えるための日本の取り組み

地域包括ケアシステムは、現在国や自治体が総力を挙げて取り組んでいる施策の一つ。 地域に住む高齢者が住み慣れた場所で安心・安全に、そして尊厳のある生活を継続できるように、介護保険サービスだけでなくそれ以外のフォーマル、インフォーマルなサービスも含め一体的に提供していく、というのがその主な目的です。 また現在、自治体が中心になって「介護予防・日常生活支援総合事業」も展開されつつありますが、これも地域包 […]

2025年問題と生活保護との関連性とは? 生活保護費負担金の増加の背景にある高齢化の進展

生活保護というと、不正受給の問題にしばしば注目が集まり、「生活保護を受けている人が外車に乗っている」といったことが雑誌やネットニュースで報じられることも多いです。 しかし生活保護を巡る真の問題は、別のところにあるとも言えます。 国が負担する生活保護負担金は年々増加し、2017年度予算では3.8兆円(当初予算)が計上されました。11年前の2006年度では2.6兆円でしたから、この10年ちょっとの間で […]

2025年問題の次は2035年問題⁉ 進行する日本の高齢化

2025年まであと7年ほどという中、地域包括ケアの整備、介護保険制度の改定など、様々な形で社会保障体制を整えている日本。ただそんな中、今年の7月に塩崎厚労相が会見を行った際に、2035年問題というフレーズが登場しました。2025年の10年後に当たるわけですが、この2035年にいったい何があるの、少し取り上げてみましょう。 団塊ジュニアが高齢者になる 団塊の世代の子供たち 実はこの2035年ですが、 […]

2025年問題と関連のある「団塊の世代」。そもそもどのくらいの人口数なのか?

2025年問題の要因と言われる「団塊の世代」の人口数の多さ。しかしどのくらいの人口数なのかご存知でしょうか?団塊の世代と今や一般的に言われるようになっていますが、厚労省が使っている用語では「団塊世代」とされています。ただ堺屋太一氏が「団塊の世代」という題名の小説を書いていたり、マスコミでも団塊の世代と呼ばれることが多いので、ここでも「団塊の世代」と呼びましょう。団塊世代の定義は、1947年から19 […]

2025年問題の解消に貢献する有料老人ホーム。特養不足の受け皿としての活躍が期待される

2025年問題における大きな難題の一つが、特別養護老人ホーム(特養)が決定的に不足しているという点。ベッドの空き待ちをする「待機者数」の数は、全国に約36万人。入居までに数か月、長いときには数年もかかる場合もあり、入居待ちをしているうちに亡くなるという方も非常に多いのが現状。そんな特養の状況に対して、その待機者数の受け皿として期待されているのが民間の有料老人ホーム。現在2025年問題の解消に向けて […]

2025年問題がより深刻になるのはどの都道府県? 厚労省のデータに注目

第一次ベビーブーム生まれの人が全員後期高齢者世代(75歳以上)になる2025年。国が負う社会保障負担が増え、高齢者の介護を支える若者の負担が増えることが予想されていますが、この高齢者の増加度は、全国一律というわけではありません。都道府県ごとに高齢化の進展度合いに差があり、より高齢者が増える都道府県もあれば、増加度がそれほどでもない都道府県もあります。どの都道府県が、2025年に最も後期高齢者人口が […]

2025年問題は、団塊の世代が65歳以上となった2015年よりもなぜ深刻なのか?

団塊の世代が75歳以上の後期高齢者世代を迎える2025年。この年になると、高齢者を支える社会保障体制がパンクするのではないか、財政面、人材面において高齢者を支える体制が崩壊するのではないか、との懸念が高まっています。ただこのように見たとき、一つシンプルな疑問が沸くかもしれません。団塊の世代が高齢者を迎えた2015年は、なぜ大きな騒ぎにはならなかったのかといこと。1947~49年生まれの団塊の世代は […]

1 3