タグ:有料老人ホーム

老人ホームの選び方。費用や環境など、種類によってさまざま。

日本の介護施設には特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの公共の介護施設他にも、病院内の1フロアで運営されている療養型施設や、介護付き有料老人ホーム、介護付き住宅、グループホームなどの民間運営の介護施設など様々な施設があります。 そのため、なかなか入居する介護施設を決められないという方も多いと思います。 今回はそんな介護施設の選び方について取り上げたいと思います。 公共の介護施設では入居金が一切 […]

老人ホームの費用はピンキリ。入居一時金のチェックも忘れずに。

社会福祉法人や自治体が運営する特別養護老人ホームや介護老人保健施設とは違い、有料老人ホームの代名詞となっている『介護付き有料老人ホーム』や『住宅型有料老人ホーム』は民間企業の運営で成り立っています。 そのため、毎月必要な費用を見ると施設間で差が非常に大きくなっており、安いところでは毎月12万円程度の費用で入居できますが、高いところとなると毎月4、50万円支払わないと入居できないところも存在するので […]

有料老人ホームを選ぶに当たって注意すべきこと、納得しておくべきこととは?

2025年問題に対して、国・厚労省も本腰を入れて対策を整えようとしていますが、その一つが介護離職ゼロです。 そして介護離職ゼロを目指す上で大きなカギとなるものの一つが、高齢者向け施設の整備。特養、サービス付き高齢者向け住宅、有料老人ホームなどです。要介護度が上昇した場合、あるいは認知症が悪化して介護が困難になってきた場合、なお無理をして在宅介護を続けようとすると、どうしても仕事と介護の両立が難しく […]

2025年問題の解消に貢献する有料老人ホーム。特養不足の受け皿としての活躍が期待される

2025年問題における大きな難題の一つが、特別養護老人ホーム(特養)が決定的に不足しているという点。ベッドの空き待ちをする「待機者数」の数は、全国に約36万人。入居までに数か月、長いときには数年もかかる場合もあり、入居待ちをしているうちに亡くなるという方も非常に多いのが現状。そんな特養の状況に対して、その待機者数の受け皿として期待されているのが民間の有料老人ホーム。現在2025年問題の解消に向けて […]

有料老人ホームなら看護師が常駐する施設を

高齢者を在宅で介護するのが難しい場合には、施設への入居を検討することになりますね。 介護施設を選択する際には、介護体制の充実度やレクリエーションの内容など、様々なことを検討することになるでしょう。 その中に、医療面のサポート体制も含んで考えている方も多いのではないでしょうか。 高齢者は、入居する時点で軽いものから重いものまで何らかの医療サポートを必要としている方が多いですし、入居時点では健康でも、 […]